HOME > エネルギーについて知ろう! > 化石エネルギー(1)

化石エネルギー(1)

ー化石エネルギーができるまでー
化石エネルギーはどうやってできたのだろう?
hakase2


ところでエネゴンは、化石エネルギーを知っているかな。
enegon2


石油とか石炭のことだよね。
hakase3
そうじゃ。よく知っておるな。
私たちは、電気やガスなどたくさんのエネルギーを使うようになったんじゃが、そのエネルギーの中で最も多く使われているのが、石油、石炭、天然ガスなどを燃やして作られるものじゃ。これらは何億年も昔に生きていた動物や植物の死がいが、地下深くの温度や圧力により変化したもので、「化石エネルギー(化石燃料)」と呼ばれておる。現在、世界で使われているエネルギーの4分の3以上が化石燃料を燃やして作られるエネルギーなのじゃ。
enegon1


化石エネルギーは、どうやってできたの?
hakase3
化石エネルギーは、とても長い時間をかけて作られたものなのじゃ。
まずは、石炭から説明しよう。
石炭の正体は、大昔の植物の化石。何億年もの長い時間をかけて地球がつくりだした、大切な資源なんじゃよ。
シダ植 物が大森林をつくっていた様子
石炭紀と呼ばれている3億5千年ほど前、地上にシダ植物が大木のように育っていて、大森林をつくっていたのじゃ。
植物 の上に砂や泥がつ もっていく様子
沼や湖のそばにはえていたシダ類は、じゅみょうがつきると水の底につみ重なり、くさらずにたくわえられるんじゃ。そして、この植物の上に砂や泥がどんどんつもっていったんじゃ。
石炭の層
さらに、上から砂や泥の圧力と下からのマグマの熱で、植物の死がいがぎゅっと押し固められ、じょじょに黒い石のようなものに変わったのじゃ。これを何千万年ものあいだくり返し、石炭の層ができたんじゃ。
前のページへ戻る
施設紹介
映像体験
不思議体験
健康体験
写真スポット
お食事・お買い物
エネルギーランドを楽しもう!
エネランの遊び方
エネルギーについて知ろう!
おすすめ商品
エネランの恐竜図鑑
WEB限定!お得なクーポン情報
エネランブログ
フォトギャラリー
WEB限定チケット
パンフレットダウンロード
アルバイト募集
Information
営業案内
料金表
アクセス
採用情報
個人情報保護方針
リンクについて
お問い合わせ