HOME > エネルギーについて知ろう! > アンモナイトの化石

化石エネルギー(2)

ー化石エネルギーについてー
hakase2

次は、石油、天然ガスの説明をしよう。
石油や天然ガスは、生き物の死がいからできているのは、知っておるかな?
石炭と同じように、石油も地球が作り出した大切な資源なんじゃ。
大昔の海の底
大昔、生物のほとんどは海の中に住んでいて、海中にはプランクトンや海そうがたくさんある。プランクトンや海そうは命がつきると、海の底にたまっていくのじゃ。
矢印
ケロジェンになる様子
これから生物の死がいは化石となって、淡水と水素の化合物「ケロジェン」になり、ケロジェンは時間がたつにつれ、土や泥にうもれて地中深くうまっているじゃ。
矢印
ケロジェンが油、水、ガスに分れていく様子
ケロジェンは長い間地面の中でいろんな圧力を受け、油、水、ガスに分れていくのじゃ。
矢印
ガスが出来ていく様子
その後、地球の大きな変動によって地層がゆがんだり折り曲げれられたりして、油や水分、ガスはそれぞれの多層に分かれる。
このようにガスができたと考えられるんじゃ。
enegon31


じゃあ、化石エネルギーのもとは、恐竜時代なんだね。
hakase2


そのとおりじゃ。恐竜時代には、どんな恐竜がいたのかのう?


前のページへ戻る
施設紹介
映像体験
不思議体験
健康体験
写真スポット
お食事・お買い物
エネルギーランドを楽しもう!
エネランの遊び方
エネルギーについて知ろう!
おすすめ商品
エネランの恐竜図鑑
WEB限定!お得なクーポン情報
エネランブログ
フォトギャラリー
WEB限定チケット
パンフレットダウンロード
アルバイト募集
Information
営業案内
料金表
アクセス
採用情報
個人情報保護方針
リンクについて
お問い合わせ